アコムの債務整理にかかる期間と手続きの流れ

アコムの債務整理にかかる期間と手続きの流れ

軽い気持ちで借金をしてしまい、返済に行き詰ってしまったという人は、たくさんいるかと思います。そういう人は、国が認めた借金の解決方法債務整理を検討しましょう。

債務整理は任意整理・個人再生・自己破産・特定調停の4種類の手続き方法があり、その人に合った方法を選ぶことができます。専門的な知識が必要な場合が多いので、基本的には弁護士や司法書士といった専門家に依頼することになります。

債務整理はそれぞれの手続きによって、手続きの流れやかかる期間などがちがいます。依頼する前にどういう手続きをどういう流れでするのかしっかりと確認しておきましょう。

過払い金・債務整理は消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所で無料相談

\おすすめ/

自分にも過払い金があるのかと気になっている方、借金で悩んでいる方は、消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所がおすすめです。

杉山事務所は、無料で過払い金の調査、借金の相談をおこなっています。過払い金の調査のみでの利用もOKです。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

国が認めた借金問題の解決方法!債務整理の4つの種類

債務整理は、国が認めた借金問題を解決するための手続きです。債務整理には任意整理・個人再生・自己破産・特定調停の4つの手続き方法があり、任意整理・個人再生・特定調停は、借金を少なくしたり負担を減らして返済をする手続き、自己破産は借金そのものをなくしてもらう手続きです。

お金の問題は日々の生活におおきく影響するので、どのような手続き方法があるのかしっかりと把握しておきましょう。

任意整理とは

任意整理とは、裁判所を通さずに今後発生する利息を0にしたり、月々の返済額を見直す話し合いを貸金業者とする手続きです。

手続きをする貸金業者を選ぶことができるので、車や住宅のローンを組んでいる業者や、連帯保証人がいる業者は手続きから外すことができます。

債務整理のなかでは比較体早く手続きがおわり、かんたんなため一番利用者が多い手続きです。

個人再生とは

個人再生とは、裁判所に借金の返済がむずかしいことを認めてもらい、借金を1/3~1/5まで減らす手続きです。減らした借金は原則3~5年かけて返済をしていきます。

任意整理のように手続きをする貸金業者は選べませんが、住宅ローンだけは一定条件を満たすことで除外することができます。マイホームを手放すことなく、借金を大幅に減らすことができるので生活を立て直すことが可能です。

自己破産とは

自己破産とは、返済が不可能になった場合におこなう手続きで、債務整理のなかでも最終手段といわれています。裁判所に返済が不可能であることを認めてもらい、すべての借金をなくしてもらいます。

借金の理由がギャンブルやショッピングの浪費だったり、財産をかくしている場合などは自己破産をすることができません。

自宅や車を所持している場合は、すべて手放すことになりますが、借金もすべてなくなるのでメリットもデメリットも大きい手続きです。

特定調停とは

特定調停とは、裁判所を通して、月々の返済額を減らしたり、あたらしい返済計画を立てる手続きです。債務整理のなかで唯一、弁護士や司法書士などの専門家に依頼せずに自分自身で手続きをおこないます。

任意整理とおなじように、車や住宅のローンを組んでいる業者や連帯保証人がいる業者を外して手続きすることができます。

専門家に依頼せずに手続きをするため、債務整理のなかで一番費用をかけずに手続きをすることが可能ですが、面倒な書類作成などすべて自分で準備しなければいけません。近年では特定調停を利用する人はかなり減少しました。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8ヶ所に事務所を展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談料・初期費用0円!
  • 過払い金返還累積90憶円以上借金問題をズバッと解決する、債務整理・過払い金請求の専門家です。事務所は東京・北海道(札幌)・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に7ヶ所にあります。秘密厳守で親切・丁寧な対応が選ばれる理由です。

    • 過払い金返還累積90憶円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に7ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 状況に合わせた手続きを提案
  • 総勢40名の債務整理専属チームがフルサポート体制で全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉し、相談者には寄り添う頼れる事務所です。費用は成功報酬制なので安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

それぞれの債務整理にかかる期間と手続きの流れ

4種類ある債務整理の手続きは、それぞれ手続きの流れや手続きにかかる期間、かかる費用がことなります。手続きを始める前に、どういった流れでどのくらいの期間がかかるのかしっかり確認をしておくことで、手続きがスムーズにすすみます。

何もわからないまますべてを弁護士や司法書士へ任せるのではなく、自分自身の問題として流れを把握しておきましょう。

任意整理の手続きの流れと期間

(1)専門家へ依頼する

弁護士や司法書士などの専門家へ依頼をし、委任契約を結びます。

(2)受任通知の発送・借金額の調査

委任契約を結んだあと専門家は貸金業者に対して受任通知を発送し、依頼者の正確な借金額を調査します。

和解が終わるまで毎月の返済はとまり、貸金業者から直接の連絡もなくなります。専門家への費用が分割払いの場合、返済が止まっている間に専門家への費用を支払います。

(3)引き直し計算・債権額(借金額)の確定

専門家が受任通知を発送すると、貸金業者から専門家のもとへ取引履歴が届きます。業者によって取引履歴が到着するまでの期間はことなりますが、アコムの場合1か月程度で到着します。

そして、その取引履歴をもとに依頼者の債権額を確定します。払いすぎた利息(過払い金)があるかないかは取引履歴が到着して、引き直し計算をした時点でわかります。

受任から引き直し計算の完了まで約2ヶ月程度の期間を要します。

(4)和解交渉

借金の額が確定したら、次は、依頼をした専門家と貸金業者が和解交渉をします。月々いくらまで返済できるのかということを踏まえて、毎月の返済額と期間を貸金業者と交渉します。

(5)和解契約の締結・返済開始

無事、話し合いがまとまれば和解契約締結となり、手続きは終了です。あとは、締結した和解内容にしたがって、貸金業者へ返済をしていくことになります。

受任から和解締結まで、約3~6ヶ月程度の期間を要します。

任意整理に必要な書類

  • 本人確認書類
  • 免許証、住民票、保険証など本人であると確認できるものが必要になります。

  • 印鑑
  • 専門家へ依頼する場合、委任状や契約書をかわすので、その際に必要となります。

  • 債権者一覧表
  • 借金の現状を把握するために手続きをする貸金業者の一覧が必要になります。専門家へ依頼する場合、専門家が手続きをする貸金業者の取引履歴を取り寄せてくれるので貸金業者の名前さえわかれば手続き可能です。

個人再生の手続きの流れと期間

(1)専門家へ依頼する

弁護士や司法書士などの専門家へ依頼をし、委任契約を結びます。

(2)受任通知の発送・借金額の調査

委任契約を結ぶと、委任された専門家は、貸金業者に対して受任通知を発送し、依頼者が実際にいくら借金があるのか正確に調査します。

(3)引き直し計算・債権額(借金額)の確定

専門家が受任通知を発送すると、貸金業者から専門家のもとへ取引履歴が届きます。業者によって取引履歴が到着するまでの期間はことなりますが、アコムの場合1か月程度で到着します。

そして、その取引履歴をもとに依頼者の債権額を確定します。過払い金があるかないかは取引履歴が到着して、引き直し計算をした時点でわかります。

受任から引き直し計算の完了まで約2ヶ月程度の期間を要します。

(4)個人再生申立

申立に必要な各種書類をそろえます。書類をもとに個人再生の申立書を作成し、地方裁判所へ提出します。

(5)家計収支表作成・通帳に一定額の積立

個人再生申立から2~3か月の間、家計収支表をつけます。これは裁判所に提出し、再生計画の判断材料となります。

(6)再生計画認可決定・支払い開始

再生計画案の認可がされて確定すると、手続きは終了です。毎月、計画案に沿って返済をしていきます。

手続き完了まで6ヶ月程度かかります。

個人再生に必要な書類一覧

裁判所から取り寄せる書類
  • 申立書
  • 申立書とはだれが個人再生をするのかを特定するために必要な情報を記載するための書類です。氏名、住所、連絡先の記載が必要です。

  • 陳述書
  • 陳述書には、職業、収入、家族関係、現在の住まい(賃貸の場合は家賃も記入)に関することを記入します。会社員や公務員の場合は、手取額(税金、社会保険料を控除した額)を収入として記入し、賞与がある方は、過去一年における賞与の金額と時期なども書く必要があります。

  • 債権者一覧表
  • 全ての借入先に関して記述するための書類であり、各借入先の氏名、住所、連絡先、借入金額、借入期間について記述していきます。

  • 家計表
  • 家計の収支を記録するための書類です。収入の合計額として、月々の配偶者を含めた給与の総額、生活費として家賃、光熱費、水道料金、食費、各種保険などを含めた支出を記録していきます。

  • 財産目録
  • 財産目録には、現金、預貯金、不動産、各種保険、自動車など換金価値のある財産を記載する書類です。加入している保険に関しては保険名と解約した場合の返戻金について記入、不動産、自動車に関しては時価評価額の記入が必要です。

自分で用意する書類一覧

関連記事